エステの失敗談を聞くと不安になる私

脱毛する際、エステを選んで失敗だったという声を耳にします。

 

せっかく脱毛完了コースを選択したのに、いつまで経っても毛が無くならず嫌気がさしてきたという人が結構いるんですよね。

 

又は完了した際は良かったけど数年したら毛が生えてきた!という悲痛な思いを訴える人もいます。

 

そんな人達が次に頼るのがクリニックや美容外科のレーザー脱毛です。エステで苦い思いをした人達がレーザーを希望してクリニックに移ってくる事は多く、クリニックでやっと脱毛結果に満足したという意見もあります。

 

 

レーザー脱毛とは医療機関で行われている脱毛方法で、「レーザー」を1点に集中して毛根にダメージを与えて脱毛します。フラッシュ脱毛とはエステサロンで行われている脱毛方法で、「フラッシュ(光)」を毛根の黒い部分(メラニン)に反応させ、脱毛します。

 

 

どちらも根本的には同じことが言えるので、脱毛機器の出力がレーザーの方が強いと解釈すれば良いでしょう。強ければ火傷の恐れも出てきますし、トラブルも付き物です。ですから診断行為が出来るドクターやナースだけが扱えるのです。

 

 

フラッシュ脱毛の機器は出力が弱い為に、医療系の資格を持たないエステティシャンでも扱う事が可能です。

 

レーザー脱毛は一回でかなりの効果を得る事が出来ますので、脱毛に通う回数が比較的少なくて済みます。トラブルの際に医療行為が出来る人が側にいた方が心強いですし、脱毛のメリットは大きいです。

 

 

一方でフラッシュ脱毛に比べて痛みが強い事、価格が高い事がネックだと思われます。私は美容外科でワキをレーザー脱毛しましたが、医療行為!って感じで気分的に萎えました。腕や脚はエステなのですが、綺麗になる為の脱毛って感じで気分はアガりました。

 

 

色んな視点からの意見があると思いますので、エステで失敗した人はレーザーに挑戦するのも1つの方法だと思います。

 

エステサロンでよくあるトラブルを事前に知っておきましょう

 

旦那のために髭脱毛を調べまくる

男性で髭脱毛をお考えなら、秋冬からスタートする事をお勧めします。
その理由は紫外線。女性がエステで光脱毛する時も、日焼けは厳禁です。

 

脱毛時に光を当てますが、この光は黒色のメラニン色素に反応します。

 

メラニン色素を含む毛に反応し、毛根にダメージを与えて脱毛する仕組みです。

 

日焼けとは、紫外線に当たる事でメラニン色素が生成されて、それが肌の表面に浮かび上がって黒くなったものです。

 

 

この肌に脱毛の光(レーザー)を当てると、毛だけでなく肌のメラニン色素にまで反応してしまいます。肌まで焼いてしまう訳です。

 

その結果火傷のリスクが増えます。女性のエステでの脱毛で説明しましたが、男性の髭も同じ事です。しかも顔ですし、レーザーは光脱毛よりも出力が少々高めです。リス
クは大きいと考えて良いでしょう。

 

 

見るからに日焼けしている男性の場合、日焼けが治まるまで施術を断られる事もあります。多少の日焼けなら脱毛できると思いますが、出力を下げられるかもしれません。肌リスクは減りますが、同時に効果も半減する事になってしまいます。

 

 

夏に行うアウトドア関係の遊びを控えるとか、日焼け止めを塗るとか、春夏の紫外線対策はありますが、やはり肌が落ち着く秋冬から髭脱毛をスタートするのがベストだと言えそうです。

 

 

但し針で脱毛するニードル脱毛なら、色素沈着や日焼けしている肌でも髭脱毛が可能です。
痛みに耐えられるか、料金に納得できるか、施術時間の長さに耐えられるか、この辺りを良く考えて決断して下さい。

 

髭脱毛するならコチラ

更新履歴